まだ、今年が始まって、一週間過ぎたばかりですが、フィッシングショーだの、新カタログだの、釣り具屋さんの新春セールだのの情報が入ってくるとソワソワしてきますよね・・・。

今季の鮎釣りシーズンの予定を思いめぐらすのも、新年のひとつのお楽しみですが。( ´ ▽ ` )

ふと思ったのですが、全国の鮎釣りできる川、解禁日って、まちまちですよね?それって、いったい、どなたがお決めになるのでしょうか?まさか法律で決まってるもんやないやろし・・・?ヽ(;▽;)その年によって、天候とか、災害とか、地球温暖化の影響とか、全然異なると思うのですが、なぜ、ずーっと同じ解禁日に固執するのでしょうか?・・・って私なんかがほざいたところで、ですが・・・( ̄▽ ̄;)
特に思うのは、日本一早く解禁する有田川の5月1日。
過去3年行かせていただきましたが、はっきり言うて、寒いしめちゃくちゃな人出やし、釣れるのは、ほんの一部の大吉~吉のポイントの当たられた運のいい方々(すんません、ド素人の見解です。もちろん実力で恵比寿顔の方々もいらっしゃいます)のように感じました。それでも(釣れなくても)まあ、お祭りみたいなもんやからええんや!っていくら思ってても、いざ、竿をだすと、釣れないと落ち込むしイライラするし疲れ倍増するし、顔は笑ってても心で泣いてます・・・(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
GW真っ只中ですから、移動も渋滞、お宿なんか、普段の3倍はします。おまけに遊漁券は早期解禁の分は高い。それでもせっかくの休みだし、行けるし行きたいと思う鮎釣りさんはたくさんおられるでしょう。自由ですよ、自由。でも早期解禁だけが取り柄の川になってしまってませんかねえ・・・。
中四国の川だって、和歌山と気候は大差ない、解禁しようと思えばできると思うけど6月手前を守ってる。やっぱり、川も鮎もそれくらいの準備期間は必要なのではないのでしょうかねえ・・・。

その頃には、どっかの鮎釣り師の大事な穂先も見つかってるのではないでしょうかねえ~🤣

・・・はてさて、今季の解禁、どないしたもんかいのお~ヽ(;▽;)
「まだ、去年の仕掛けぐちゃぐちゃでほったらかしとるもんが、口にするなーっ!!」
IMG_7129
(写真はイメージですヽ(;▽;))