先日、とあるお稽古場で「もう何十年も風邪ひとつひいたこともない、3時間寝るだけで十分!」と仰るめちゃくちゃお元気な50代後半の謎の紳士から面白い話を聞いた。 

みんな、そのAさんの話にいつも引き寄せられる。一歩間違えると詐欺師では?と疑いたくなるのだが、妙に説得力のある彼の話は、やっぱり詐欺師ぽくて、自分だけは騙されないぞと一生懸命聞いてしまう。

その健康法とは、みんなが必ず一度は言われたことがあるようなことだった。

「肩までつかって百 数えるまで あったまりなさいよ~!!」って。
そう、ちゃんと、お風呂に入ることなのだ。
Aさんは、もう何十年も必ずそうやってお風呂に入っているという、1年365日、毎日だ。
医学的にも、人間の体は1℃体温が下がると基礎代謝や免疫力も下がり、体内酵素の働きも鈍くなり、感染症や癌などを引き起こしやすいと考えられているから、なるほど!である。思えば、自分だってついシャワーで済ませたりして、年の半分くらいしか肩までつかって百数えてないと思う。ダメダメだ。

そしてAさんの話には、更に続きがある。
「お風呂に入ると疲れがとれるって言うだろ?それはな、疲れ だけじゃなく 憑かれ もとれるからなんだよ。あの輩(👻)は決まって肩に憑くんだ。で肩までお湯に浸かると そいつらも苦しくなって百も数えるまでは耐えられなくて離れていくんだ。だから 憑かれもとれてスッキリするんだ。」
やはり怪しいが妙に説得力のある口振りでみんな一様に感心するのだった。
・・・私には、霊感とかないのでわからないが、肩が重たい方は、是非ともお試しください。お金もかかりませんしね、(笑)
FullSizeRender


巷では、まだまだコロナワールドが広がっている。なかなか見通しも立たない。
みんな今日から、しっかり肩まで浸かって百まで数えて、つかれ!をとって、ウイルスに負けないように気をつけよう。くれぐれも、呑み過ぎて風呂も入らずに寝たりなんかしないようにね~っ!!